伝説:柏原八幡の弁天社 Ⅰ 丹波市柏原町

加古川(旧佐治川)沿いR175「稲畑」交差点を右折し県道290を柏原町に向かい東走する。高見城北尾根最低鞍部の萱刈坂を越えおさんの森への分岐の先:鳳越え「恩鳥(おんどり)坂」・旧柏原病院跡に出て小南山城南山麓を下り柏原川沿いに県道290側ハローワーク・福知山線踏切りを越えR176「柏原本町」交差点を直進すれば八幡神社山麓の駐車場。
      八幡神社西麓:春日社の鳥居左手に弁天社がある
画像
”柏原本町”交差点と八幡神社山麓の駐車場間の○○銀行西付近に随分と以前:屋号「門家さん」と呼ばれた茅葺きの門のある民家があった。丹波にあっては明智勢により八幡神社も焼かれ・此処に明智軍に関る遺物があること自体珍しいが明智光秀の将四方田政孝に所縁にものだったが:個人宅改築に際して取壊されてしまった。
画像
数年に一度:門の葺替え維持も大変だったと思うが…残念です。”四方田政孝の門”からは「おさんの森~恩鳥坂~…」と長々記述したルートの旧街道筋に真っ直ぐ延びていたとも…!!。厄神を祀る柏原八幡神社には”丹波攻め”黒井城攻略の明智の陣城(八幡山城)があったが<正確には八幡神社・三重塔背後から北への尾根続き、元々は黒井城塞群の砦>八幡社の西麓:車道を挟んで西側に丹波市商工会館があり
      弁天社側から…地元以外で此の紅葉を鑑賞する人も少ない…?
画像
神社裏手の社務所・三重塔に繋がる道の鳥居の傍に小さな池があり・舟形の島の中に弁天社の祠が建つ。四隅の東西には二箇所ずつ積まれた石垣の石が突き出していて、謂れは知らないが島自体が御輿の様な印象を受ける。詣る人も途絶えた感の祠には高見山城落城の影に隠れた悲話伝説:柏原八幡の弁天社を伝える。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック