"キャッスリング(山城)"の記事一覧

高仙寺山城(酒井氏城) Ⅰ 篠山市

R176号を三田市藍本から日出坂峠を越え篠山市草野へ下ってくると正面右手に油井城(油井酒井党の本拠城)が見えてくる。酒井党は鎌倉殿御家人(関東御家人)で承久の乱(1221)の軍功に相模国(神奈川県)大住郡?の豪族:酒井兵衛次郎政親が多紀郡の酒井郷「主殿(とのも)保・犬甘(いぬかい)保・油井保等」の地頭職を得て          …
コメント:2

続きを読むread more

大山城(太尾山城) Ⅱ 神崎郡神河町

大山城 Ⅰから続…峻険な激急斜面が突然・緩斜面となる其所が大山城趾の北西末端の数曲輪を抱込む様な:折れを伴う大堀切(大空堀)の外側を覆う土塁線が・此の緩斜面は緩衝帯というより逆に:緩斜面を攻め上る敵兵を狙う塹壕兼務?。峻険な山上部に大堀切・空堀・高い切岸の要害堅固な施設の重要性も主郭に立ち感じる。         旧大山小学校前バス停…
コメント:0

続きを読むread more

大山城(太尾山城) Ⅰ 神崎郡神河町

「兵庫県の中世城館・荘園遺跡(昭和57年県教育委員会)版の城史解説に”大尾(おおお)山城主は大尾兵庫頭興次?で赤松麾下・天正(1573-92)の頃落城したという”とあり織田信長命に羽柴秀吉軍による「播磨攻略」の際のこととされる…が城史に補足?なく「大尾」の姓は非常に希有な姓!。太尾氏では…?。          大山旧小学校校舎跡地か…
コメント:0

続きを読むread more